日本人の読書量は少なすぎる!多い人の特徴とは?

読書量

文化庁の実施する平成30年度『国語に関する世論調査』にて、読書に関しての調査結果が発表されました。

国語に関する世論調査は毎年実施されていますが、読書に関して調査されたのは、平成25年度以来なかったので、実に5年ぶり。

この調査結果から、日本人の読書量は非常に少ないことが分かったので、なぜ、少ないと言えるのか個人的な見解を述べていきます。

また、読書量が多い人にはどのような特徴があるのかも解説していきます。

日本人は読書量が少ない

日本人は読書量が少ないです。

文化庁の国語に関する世論調査において、「1カ月に大体何冊くらい本を読むか?」という質問に対し、「読まない」と答えた人の割合は47.3%でした。

平成25年度に実施された同調査でも、1カ月に1冊も本を読まないと答えた人の割合は47.5%だったので、平成25年度から平成30年度の5年間、ほぼ横ばいだったことがわかります。

つまり、およそ日本国民の半数ほどが、1カ月に1冊も本を読んでいないということになります。

読書量平成25年度平成30年度
読まない47.5%47.3%
1~2冊34.5%37.6%
3~4冊10.9%8.6%
5~6冊3.4%3.2%
7冊以上3.6%3.2%

また、平成30年度調査において、月に7冊以上本を読む人の割合は3.2%と非常に少なく、平成25年度調査での3.6%よりも0.4%も減少しています。

読書家と呼ばれても不自然ではない読書量をこなしている方は、日本国民の中では、非常に希少だと言えますし、減少傾向にあると思います。

読書量が多い人の特徴とは?

電子書籍を使っている

読書量が多い人は電子書籍を使っている人だと思います。

平成30年度の国語に関する世論調査にて、読書量が月に2冊以下の日本人は84.9%でした。

平成25年度における同調査では、82%だったので、2.9%増加していることがわかるかと思います。

調査年度読書量が月に2冊以下の割合
平成25年度82%
平成30年度84.9%

一方、「普段、電子書籍を利用しているか?」という質問に対して、「よく利用する」もしくは、「たまに利用する」と答えた人の割合は、25.2%となっており、平成25年度における同調査の17.3%より、7.9%も高くなっていることがわかっています。

調査年度電子書籍を利用している割合
平成25年度17.3%
平成30年度25.2%

つまり、読書している人が減っているのに対し、電子書籍利用者は増えているので、読書をしている人は、電子書籍を利用している割合が高いと言えます。

当方、「電子書籍」と「紙の本」の両方を使って読書しています。 電子書籍の使用歴は1年ほど、紙の本は生まれてからずっと使い続けています...

富裕層

読書量が多い人の特徴として、富裕層が挙げられるかと思います。

ソフトバンク創設者の孫正義やユニクロ創設者の柳井正、Micro soft創設者のビル・ゲイツやAmazon創設者のジェフ・ベゾスなど、名だたる経営者が読書家というのは非常に有名です。

テレビ番組で引っ張りだこの池上彰さんも、政界版悪魔の辞典という著書のあとがきで新幹線に乗り込む際、必ず本を3冊持ち込むほどの読書家だと明かされています。

業界はさまざまですが、活躍されている方の多くは読書家であることが多く、富裕層の可能性が高いかと思います。

まとめ

日本人の読書量は少ないことについてまとめてみました。

私自身も記事をまとめていて、月に1冊も本を読まない人が約半数もいるというのには驚きでした。

読書には豊富なメリットがあるので、読書をする人が増えたらいいなと思います。

この記事を読んだ人におすすめ

読書が嫌いな人は多いです。 文化庁の実施した『平成25年度国語に関する世論調査』では、月に1冊も本を読まない人が47.5%もいました...
本を安く読む方法を6つ紹介しています。 当方、読書に関わるブログを運営しているので、書評も多々書きます。 おすすめ系の書評記事...
おすすめの読書グッズを紹介しています。 本を読むのに役立つ製品を15個厳選しました。 本を読むのに役立つ読書グッズとは? ...
「読書に最適な椅子とは何なのか」を突き詰めて考えた結果、最適な椅子は2種類なのではないかという結論に至りました。 最適な2種類の椅子...
おすすめの読書ノートを12冊厳選してみました。 大人向けの読書ノートと、読書ノートとして活用できるノート、子供向けの読書ノートの3ジ...
どんなに忙しくても必ず毎日読書しようと決めて、早1年。 1日15分程度しかできない日もありましたが、なんとか継続できました。 ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク